2022年のブルーベリーの総評 販売の御礼 今後のお話

2022-09-14

9月7日の販売をもちまして、2022年のブルーベリー販売を終了いたしました。
たくさんのご注文、本当にありがとうございました。
例年通りであれば、もうあと一週間くらいは販売できる予定でしたが、台風の影響もあり品質が保てなくなってきたため今シーズンの販売を終了とさせていただきました。
重ね重ね御礼申し上げます。

2022年のブルーベリーの総評

全体を通して、非常にできのいい年となりました。当たり年ですね。
例年、6月下旬~7月下旬のどこかで梅雨・長雨にあい、全く収穫や販売できない時期があります。
これが、今年はありませんでした。(品種の切り替え時期に1週間ほど販売できない時期がありましたが、これはそもそもブルーベリー自体が熟れていないので、降雨もありましたが収穫にはノーダメージです。)
天候もよく、ほどよく雨も降り、質のいいブルーベリーが収穫できた年だと感じています。
僕が働き始めてからの8年間では、収穫量・販売量ともに過去最高になりました。
Instagramを見ていると、ほかの生産者さんもたくさん採れている感じでしたので、豊作だったところが多いんじゃないでしょうか。

2022年のブルーベリーのでき

今後のブルーベリーの加工品(ジュースやジャム)のお話

さて、10月からオンラインショップではしばらく販売をやめていたブルーベリージュースやジャムの販売を再開していく予定です。
先ほど、今シーズンの収穫量は過去最高とお話ししましたので、
「今年こそはジュースやジャム買えるかな?」と、ご期待いただいた方もいらっしゃるかもしれません。
ただ、元から生産量がそんなに多くないので販売数も限られています。
収穫量が多かったので加工品の生産量も確かに増えるのですが、それよりもお問い合わせいただく方のほうが圧倒的に多いのが実状です。
また、以下の3つの理由も含めてこれから販売計画・製造数を考えていかなければいけません。

ブルーベリーの品種と商品の関係

ジュース、3倍希釈タイプ、ジャム、ソースとありますが、ブルーベリーも品種によって味や質感も違います。
それぞれの製品に加工する際に向いている品種・向いてない品種がやっぱり出てきます。それぞれの商品にしたときに、美味しくなるものを長年の経験や知識から選んで商品にしています。
ですので、単純に収穫量が増えたらといっても、例えばジュースに合う品種があまりとれなかった場合、ジュースの生産量がそんなに増えません。

ジュースに合う品種、ジャムに合う品種
どんな野菜・果物でも品種ってありますよね。そして、その品種ごとに微妙に味や食感、特性が違ったりします。
例えばジャガイモの男爵は、ホクホクしていて焼く・ローストすると、とても美味しいです。でも、煮物に使ってしまうと煮崩れしてしまい、下手すると崩れてなくなります。
一方で煮物にはメークインが煮崩れしにくく、煮込んでもおいしくきれいな状態で残ってくれます。
同じジャガイモですが品種によって、調理した際に向き・不向きがあります。
ブルーベリーにもそれぞれの製品にする際、向き・不向きがあると感じ、高山ガーデンではそれぞれの製品を作る際は使用する品種を使い分けています。

製造数や商品の特性について

昨年の放送がきっかけで僕たちのことを知っていただき、ブルーベリーや高山ガーデンにこんなに興味を持っていただいて嬉しい思いです。
本当にたくさんのお問い合わせをいただいているので、ブルーベリーがあれば皆さんにお届けしたいのが本心です。ただ、現在の生産量ではブルーベリーが本当に足りません。
需要に対して供給が全く追いついていないため、お客様には大変ご迷惑をおかけしているところです。

一方で、ブルーベリーというのは食品ですが、その特性からただの食品としてではなく「お客様がご自身の健康のため」にご愛用していただいているのも事実です。
創業当時から定期購入しているお客様もいらっしゃいます。こうしたお客様にとっては、ブルーベリーがもはや生活の一部となっています。
こうした定期購入しているお客様への供給を途切れさせてはいけない、という想いがあります。
現在、来シーズン収穫までの販売を計画中ですが、まずは定期購入のお客様の分を確保したうえで、販売計画を立てております。
たくさんのお客様へお届けしたい気持ちもありますが、ご理解ください。
※現在は定期購入の受付を取りやめております。

販売の仕方について

昨年の放送直後は一度にたくさんの受注をしたため…とても大変でした。
また、当時は年間を通してのことを考える余裕もなく販売してしまったため、ブルーベリージュースは放送直後に販売中止、ブルーベリージャムは今年に入ってからオンラインショップで1度しか販売できていません。
その反省を生かし、今年は来年の収穫前まで計画的に毎月どのくらい出品するかを決めて販売する予定です。
一度に販売する数量も限られますが年間を通して販売する予定です。(昨年の放送後の販売と同様に、おひとり様当たりの個数制限もかけさせていただきます。)一度の販売数量が少ないため、すぐに売り切れになる場合もございます。
あくまで予定ですので、今後1年の計画が変わる場合もございます。
出来るだけ年間を通して商品を販売できるよう努力いたします。
ご迷惑をおかけしますが何卒ご理解ください。

今後のブルーベリーについて

放送でもチラっと出ましたが、新しい畑を造園中です。
ただ、ブルーベリーも果樹ですので、収穫までには年単位で時間がかかります。植えたからと言ってすぐに生産量が増えるわけでもありません。
今年の春に植えた分だと、収穫できるまで3年、成木になって本格的にがっつり採れ始めるのが5年ほど先です。
少しでも多くの方においしいブルーベリーや製品をお届けしたいのでより一層精進していきたいと思います。
とても時間がかかる話ですが、お待ちいただけると幸いです。

今後のブルーベリー

過去の畑の記事はこちら